デザインは著作権に注意する

有名キャラクターをそのまま印刷するのは危険

わざわざオリジナルの紙袋を作ってもらうのであれば、できるだけ目立つ、あるいはきれいなデザインにしたいという人は多いはずです。しかし、思い描いている理想のデザインをそのまま形にして、業者に渡せるかというとそんなに簡単ではありません。すべての人が絵心やデザイン能力を持っているわけではないからです。
そのため、できるだけ手っ取り早くいいデザインの紙袋を作りたいということで、有名キャラクターの画像だったり、既存のデザインをコピーしたものをそのまま使うのはやめましょう。著作権問題に発展する可能性が高いからです。特に、作った紙袋を個人で私的に利用するのではなく、経営しているショップなどの紙袋として使ってしまうと著作権者に訴えられてもおかしくありません。

既存のキャラやデザインをまねしたものもアウトになる可能性

有名なキャラクターの画像をそのまま印刷するのではなく、自分がそのキャラクターをまねて描いた画像を載せるというのも避けるべきです。まねして描いた絵であっても、キャラクターを連想させるものであればやはり著作権を侵害する可能性があるからです。
紙袋にデザインを印刷してもらう場合、ネット上で「著作権フリー」という名目で自由にダウンロードできるものを使うというケースがあるかもしれません。しかし、このケースでは著作権とは別の注意が必要です。著作権フリーで配布されているものは無料で利用できると錯覚している人が少なくありませんが、「お金を払うと著作権フリーで利用できる」ということもあるからです。そのため、料金は必要なのか、そして商用利用は可能なのかという点を必ず確認するようにしましょう。