お店の商品にマッチしたデザインや大きさにする

商品のイメージに合わせたロゴや文字が大切

オリジナルの紙袋は、店舗で買い物をした顧客が外で持ち歩くだけで小さな看板の役割を果たしてくれることがあります。その紙袋を見かけた人が、興味をもって来店する可能性もあるからです。ただし、オリジナルで紙袋を作成するときはデザインによって店のイメージが大きく変わる可能性があるのでデザインする際は注意しましょう。あまりに店舗で販売する商品のイメージに合わないデザインだと、せっかく外で持ち歩く人がいても宣伝効果が半減する可能性もあります。食品を扱う店舗なら、清潔感や美味しさなが伝わるように気をつけてデザインすることが大切です。同じロゴや文字を印刷する場合でも、元になる紙袋の素材によってだいぶ印象は変わってきます。

商品によって大きさが変わる店に注意

素敵なデザインであっても商品に対して大きさが合わないと、せっかく商品を購入してもらっても紙袋に入れて渡せないということも起きてしまいます。紙袋のサイズは、店で販売する商品の大きさに合わせて作成することが大切です。購入する個数や品物によって大きさが変わるというときは、一番利用されるサイズの紙袋を調べて作成しましょう。余裕があるときは、様々な場合に対応できるようにいくつかサイズのパターンを用意しておくことをお勧めします。少し重さのある商品を扱うときは、商品の重さで袋が破けてしまわないよう紙袋の強度にも注意しておくことが大切です。特に大きな紙袋の場合は、複数の商品をまとめて入れる可能性があり強度が求められます。販売する商品の大きさや重さをよく考えて、紙袋のサイズと強度を決めることが大切です。